2017年8月7日月曜日

穴埋め。



みなさまごきげんよう♪

CBXの記事が多くなり放ったらかしっぽい気がするビラーゴですが、

オーナー様に見て頂いたりしながら地道に進んでおります。


記事的には地味すぎるというか劇的変化の少ない作業ですから何を書くかなという感じで。


たとえばタンクは全てのパネルを溶接しまして。


そしてシートレールをブった切った後に残るこの穴を埋める作業。

斜めに立ち上がって来たパイプにショックのマウントとプレス部材の補強が絡む部分ですね。


そのコケシ状の穴ですが、穴を埋めつつショベル4速フレームの尻尾を合体。

そのままですと平面的ですし各々の部材の繋がりが悪いので、真中に1本リブを入れていきます。


1本筋が入ると広い表面積半分に割れますし、鋳物とプレスとパイプの繋ぎにもなりますので。


あまり造形的に作り込む気も無ければここが見せ場という訳でもないのですが、

シートを載せても露出する部分ですしカチッと作りすぎてここだけ頑張った感もどうかなと。

ですので他の部分に見合った不自然でない造形を目指して溶接モールディングしていきます。

何をやったか分からないくらいで。

と言っても元のフレームがどんななのか知らない人が多いですがw


どうも写真ですと間延びして見えたりある1点が縮こまったりと表現に苦しむのですが、

実物はええ感じです♪

フレームの幅が決まってきましたので、フェンダー、シートと外装進めていく予定です。


それではみなさまごきげんよう!




0 件のコメント:

コメントを投稿