2017年3月18日土曜日

自立までの道のり。


みなさまごきげんよう♪

SPEED AND CUSTOM SHOWの搬入まであと一週間ですね。

エンジンが載ったフレームを自立させるべく作業を進めていきますが、

ここは焦らず急がずと言いますか焦ったり急いだりしようが無い事ばかりです。


フロントフォークを組みますかと言ってもガサガサですので。


夜な夜な綺麗にしつつ。


シール交換しようと思えばこの有様でコレでは緩みませんね。


頭をぶっ飛ばしてインナーチューブを抜きますが、やっぱり液体ガスケット。。


ここにそんなもの塗らなくても漏れてきません。


フォークシール交換しつつステップ回りのパーツも綺麗に掃除していきます。

このバックステップはどこ製なのかわかりませんが、中々に丁寧に作られていますね。


そしてネックベアリングもレース、ベアリング共に新品交換しまして。


綺麗にしたホイールにタイヤを組んでいきます。

バルブも勿論新品、ローターやローターボルトも新しいものを奢りつつ・・・


タイヤはダンロップのGT601としました。

当初はBT39のつもりでしたが、もう少しマイルドにというか、オールラウンドに振りまして


先代のGT501は存分に使い倒したので601も期待できるかと思います。

タイヤは消耗品ですので色々試せますから、まずはこの仕様で様子を見てみましょう♪


まだフロント回りを組むのは早いのですが、残りの塗装作業のため外に出さねばなりませんので

転がし目的で一旦自立させます。


ところでフレーム後端のシートレール部分はスッパ切りでいいのかよと思われたかも知れませんが・・・・

ここはボートテールが乗っかるので出来る事なら無くなって欲しいくらい邪魔な存在です。

が、インナーフェンダーのステーを溶接してあるので必要不可欠でもあります。

スラッシュカットにして綺麗に仕上げる等の方法はありますが、

ハス切りにすると表面積が増えますのでかえって目立ってしまうのが悲しいところ。


ですので必要不可欠なのに邪魔であれば機能を持たせてやろうという事でウインカーを埋め込みました。


この状態で見ると目立ちますが、外装が被さってくれば単なるウインカーです。

この辺りはパイプ組フレームの4速~5速初期ならではの活用術ですね♪

さてお次はオイルタンクとインナーフェンダーを塗装しつつ

あれこれ組み上げていきたいと思います♪


それではみなさまごきげんよう!




0 件のコメント:

コメントを投稿